十全病院  医療法人社団 聖心会 苑田会グループhome

医療法人社団 十全病院 リハビリテーション科

亜急性期~生活期まで幅広いリハビリテーションを提供しております。

十全病院リハ科スタッフ

昭和46年6月に開業した病院です。40年以上の間、地域密着型の病院として医療を提供しております。
リハビリ対象となる患者様は、亜急性期から生活期までの、中枢疾患、整形疾患、呼吸器疾患、循環器疾患、がん疾患等です。年齢層も10歳代から90歳代と幅広いリハビリを行っております。当科では、”早期介入・早期退院”を目指し、患者様一人一人にニーズに合わせてリハビリテーションを提供しております。
 

外来のリハビリテーション

当院では、外来リハビリテーションの物理療法・運動療法を行なっております。
運動療法は、主に整形疾患に対してリハビリテーションを提供しております。また、他院にて手術をされた患者様に対して、当院にてフォローアップする事も出来ます。

外来リハ

生活期のリハビリテーション

全身状態の悪化の為、リハビリ室でのリハビリが困難な患者様に対して、ベッドサイドでの介入を行っております。
身体の状態に合わせて、長期臥床による身体機能の低下を予防しております。また、起き上がりや座位等の動作訓練もベッドサイドにて行っております。

生活期のリハ

カンファレンス

医師や看護師、相談員と定期的にカンファレンスを実施し、 患者様の情報の共有やリハビリを行う上でのリスクの相談、 退院に向けての方向性の検討を行っております。
 

カンファレンス

院内勉強会

他職種向けに勉強会を開催しております。院内スタッフの技術・知識の向上及び連携強化を目的に行っております。
 

院内勉強会

リハビリテーションを実施している主な疾患

脳血管障害(脳出血、脳梗塞)   大腿骨頸部骨折 肺炎
脳腫瘍 脊椎圧迫骨折 COPD
パーキンソン病 頸髄損傷 糖尿病
進行性核上性麻痺 上腕骨骨折 がん疾患
低酸素脳症 コーレス骨折 廃用症候群
くも膜下出血 腰部脊柱管狭窄症
多系統萎縮症 外果骨折
脊髄小脳変性症 変形性脊椎症

各疾患別の割合(平成28年度)

脳血管疾患32.7%
廃用症候群7.8%
運動器疾患43.2%
呼吸器疾患10.2%
がん疾患6.1%

院内勉強会

症例検討会(随時)
リハ科スタッフ向け勉強会(年6回)
他職種向け勉強会(年6回)

スタッフの所属学会

日本理学療法士協会 6名
協会指定管理者(上級) 1名
地域包括ケア推進リーダー 1名
介護予防推進リーダー 1名
日本作業療法士協会 1名
専門リハビリテーション研究会 1名
越谷市リハビリテーション連絡協議会 1名
日本マイオチューニングアプローチ学会 2名
3学会合同呼吸療法認定士 1名